子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。


2月22日(木)『子育て中のイライラを理解し取り扱おう』講座@沖縄市

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

子育てのイライラ


いいしょーがちでーびる

(あけましておめでとうございます)



IMG_5006
テットーコーヒーにて
明るくスッキリしたエチオピアが好き





金曜日の夕方、いつもならスーパーも道も混んでるのに、今日はなぜかすきすき。

なんでだろうなーと思ったら、旧正月でした。

早めに仕事を終えて、旧正月を家族でお祝いしている方も多いのかな。



最近、色んな事が面白くて楽しい感じです。


深刻さがなくなってきて、

クリアーな真剣さが顔を出し始めています。


アストラル体のエネルギーの滞りがクリアリングされてきてるからかなーとか、

各エネルギー身体のベクトルがちょっとはそろってきてるのかな―とか、

自分の状態をマニアックに評価するのも面白いです。



なんとなく、過去生の実感も出てきて、

それはなんというか、別に驚くことでもなく、

普通に、そういうことがあったんだろうなー、そうだと説明がつくなぁ、という感じです。



一悟術ヒーリングを受けて、何が面白いかと言うと、

受けてからの人生のスピード感が、加速すること。

人生の密度が増すこと。

そして自分と言う存在を、いろんな角度から捉えていけるのが、面白い。



そうやって自分自分が自分を捉えた内容と、

セッション経験や、講座などで得た知識を複合して

豊かに幸せに笑顔で生きるための知恵として

沢山の人、とくに子育て中のお母さん、そして、子どもたちに、

伝えていけたらなぁ、と思います。







まずはこちらで、

2月22日(木) 『子育て中のイライラを理解し取り扱おう』講座@沖縄市

イライラを多角的に捉えられるように情報提供します。






人生のベースを整えるのはやっぱり一悟術ヒーリング!



2月22日(木)『子育て中のイライラを理解し取り扱おう』講座@沖縄市のご案内


イライラ講座



こんばんは。

一悟術ヒーラーの八神詠子です。



私は昔はめっちゃ感情的な人でした。

特に、イライラすると、大声を出したり、つっかかったり、破壊的になるタイプでした。 

息子を妊娠したときに、このままじゃ私の子育てまじやばいと直感し、
一悟術ヒーリングを受け、それからは緩やかに自然に感情が安定していきました。

そして、それから更にいろんな取り組みをしてきて、めったにイライラの感情が言動や行動に影響しなくなりました。

今は、感情っていろんなことを教えてくれるメッセージだな、とありがたく感じてます。



イライラって感情の中でもパワフルでアクティブですよね。

ほとんどの人がイライラすることが嫌いではないでしょうか。

それは、イライラによって、思わず口に出したこと、行動したことで、後悔した経験や、

もしくはイライラした人の言動や行動に傷つけられた経験があるからではないでしょうか。



特に、子どもがいる場合、

子どもに対しイライラしてついやってしまったことで、

見るからに子どもが傷ついている様子を見て、

「またやってしまった」と後悔の念にさいなまれる、なんてことも多いように思います。




そしてもうやめようと思って、イライラを抑えようとしても、

またいつの間にかイライラは大きくなって、同じことを繰り返す。




今回の講座は、そんなあなたを悩ませるイライラ(怒り)の感情に対し、

多角的に理解を深め、

イライラ(怒り)の感情を主体的に扱えるようにするヒントを

お伝えしたいと思います。



前半は、以下のようにイライラ(怒り)の感情の理解を深めます。


・イライラ(怒り)の感情はどうやって生まれるの?

・イライラ(怒り)の感情はなぜパワフルでアクティブなの?

・イライラ(怒り)の感情の取り扱い方



後半は、参加者一人一人に合わせたイライラのタイプ診断、取り扱い法をお伝え出来たらと思います。


みなさまのご参加をお待ちしてます。



【日時】
2月22日(木)10時~12時


【定員】
4名さま


【料金】
4千円(税込)

イベント後に一悟術体験ヒーリングをご希望の方は特別価格8千円(税込)で受けていただけます(先着2名さま)

【場所】
沖縄市美里仲原町のおうちサロン

ご予約をいただいた時点で詳細をお知らせします。



【お申込み】
​こちらの専用メールフォーム (24時間受付)に
お名前、メールアドレス、連絡先、ご希望日を記入してお申込みください。
他のご連絡方法はこちら 

 
【申込締め切り】
定員になるまで
もしくは2月21日(水)22時まで


【代金の支払時期および支払方法】
​当日現金にてお支払いください。
(お釣りがないようにご用意いただけますと助かります)
振込ご希望の方は三井住友銀行の口座番号をお伝えします。


【キャンセルポリシー】
当日連絡なしのキャンセルの場合は料金の100%をいただきます。
 
 

【事業者】
担当: 一悟術ヒーラー 八神詠子
080-3956-1222
株式会社 今を生きる人 神奈川県三浦市初声町和田2567-5 




子どもへの罪悪感を抱く人は、結構多いんじゃないかなーと思います。



この子の将来に悪影響なことをしているんじゃないだろうか。

この子を傷つけているんじゃないだろうか。

この子を悲しませているんじゃないだろうか。



そうやって明確な答えがでないまま、

ぐるぐると悩み続ける。



子育てはこんがらがって、複雑なものになっていく。





以前「罪悪感と悪循環」の記事の中でこう書きました。



罪悪感って不思議な感覚で、

それがあることでまともな人間になれるような気になるのですが、

でもフタをあけてみれば、

罪悪感があることで無理をしてストレスがたまり、

そのストレスが爆発して、また罪悪感が大きくなり、

という悪循環を生み出すだけのような気もします。





最近はこうも思うのです。



罪悪感があればあるほど、

つまり「自分は誰かに悪いことをしている」、という

加害者の立ち位置が強ければ強いほど、



「自分は誰かに悪いことをされている」、という

被害者の立ち位置も強いのではないだろうか、と。




例えば、

私はこの子をわかってあげられない、

という加害者の裏側は、

この子は私をわかってくれない、

という被害者の顔があったりします。




(子どもへは加害者の立ち位置で、夫へは被害者の立ち位置、

というように、人によって立ち位置が変化する場合もあります。)




加害者や被害者の立ち位置で

何かをしようとするのではなく、

加害者でもない被害者でもない立ち位置を

選択しようとしてみてください。




それがあなたの子育てを、

もっとスッキリ、シンプルにするかもしれません。




親子の距離感









罪悪感を手放そう





↑このページのトップヘ