子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

子育てのグルグルする悩みから一歩踏み出し、人生をスッキリとクリアにしていくヒントをつづってます。

一悟術ヒーリングセッション受付
9月は沖縄のみ受付可能です。

【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

※10月6日~9日東京出張予定

子どもヒーリング


トラウマが少ない状態で青春を送れるって、ウラヤマシイ・・・

と昨日の記事「子どもへのヒーリング」で書きましたが、 

トラウマが少ないと、子どもはどんな風に育っていくのでしょうか。



まず、切り替えが早いですね。

感情の流れがいいので、必要以上に感情をため込まない。

なので、落ち込んだり、思い悩んだり、ということが少ないし、あっても時間が短い。



そうすると、行動しやすくなる。

失敗しながらも、そこから学んで、次に活かしていくことができます。



そして、好きなことをして、自分を楽しませたり、幸せにしたりする選択が自然にできます。



なので、人生は楽しくて幸せ、というのが普通の状態になっていきます。






反対にトラウマが多いとどうなるのでしょうか。



「飛んで火にいる夏の虫」のごとく、困難に引き寄せられる傾向が強くなります。



例えば、自分に意地悪な子がいるグループに混ざる必要はないのに、なぜか、そのグループから去ろうとしなかったりします。



年を重ねるにつれて、抑圧した感情はどんどんたまっていき、必要以上に落ち込んだり、感情的になったりします。

切り替えるのに時間がかかるので、行動に重さが出てきます。

期待してもどうせ無理と、人生にあきらめがまじるようになります。



いやぁ、まさに、私はそうやって育ちました。




トラウマが多いのが悪い、少ないのがいい、とか、

そういうことではないですが・・・



たいていの親は子どもが幸せな人生を送ることを願っていて、

そのために、出来る限りのことをしようと、

色々、お金やエネルギーは割いているはずなのに、

それが本当に子どもの幸せにつながっているかどうか、

悩まれている方が、案外多いような気がするのは、

トラウマ、という視点がぬけているからかもしれないな、と思うのです。



子育てに、トラウマ、という視点、

加えてみませんか。




そして、トラウマをつけない子育てというのは、

必然的に、

自分のトラウマと向き合っていく、
自分のトラウマを理解していく、

ということにつながるので、

親自身が自分のトラウマから解放されていくプロセスとも重なります。




なかなか、お得な子育てと思ってるんですが、

いかがですか?




一悟術ヒーリングがベースにあると、

そんな子育てに向かっていきやすくなりますよ。



ぜひ、サポートさせてくださいね。




表紙




一悟術ヒーリングとは


子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由












0歳児~18歳までのお子さんに子どもヒーリング(子ども料金で一悟術ヒーリング)を提供させていただいています。



今日は、中学生の娘さんのヒーリングの日でした。

最初、お母さんがヒーリングを受けて、すごく楽になったので、

「娘にも受けさせたい」ということで、娘さんへのヒーリングを開始したのでした。



久しぶりの対面してのヒーリング。



やっぱり、若いほど、変化が早い!

大人に比べて、思考や習慣など、凝り固まってる部分が少ないからでしょうか。



どこかうつむきがちで、暗くおどおどした印象だった娘さんですが、

まっすぐ、しなやかに、明るくオープンに変化していました。



最近とっても楽しい!とのことで、色々お話ししてくれました。



トラウマが少ない状態で青春を送れるって、

非常にウラヤマシイ・・・



自分もトラウマが少ない状態で青春時代を過ごせたらどうなってただろう、

なんて想像しますが・・・



いやいや、トラウマの影響で生きづらさを感じていたからこそ、

ヒーリングと出会えて、

ヒーリングをベースに自分のトラウマに向き合ってきたからこそ、

トラウマの仕組みを実感を持ってお伝えすることもできるので、

それはそれで、必然だったのでしょう。






お子さまのヒーリングについて興味ある方は、

お問合せくださいね。

子どもにヒーリングが必要と直観で感じて、

子どもへのヒーリングを選択された方からはよく、

受けてほんとによかった、との感想をいただきます。






女の子







一悟術ヒーリング とは


子どもヒーリング
 とは


 

↑このページのトップヘ