image



昨日は息子の小学校の運動会でした。



夫は数日前からお弁当の献立を考え、

前日からお弁当の材料の買い出しに行き、夜に仕込みをし、

運動会当日は、朝五時過ぎに起きてお弁当を作っていました。



私が手伝ったのは、お弁当のフタを輪ゴムでしめることと、

お弁当を手提げ袋に入れること。



午前中は運動会の見学しながらも、夫のお弁当食べたいなーとずっとワクワクしてました。

はい、思った通り、美味しかったです。

しかも、冷え冷えのおしぼりまで用意されていました。



夫は北アルプスの山小屋で2年間厨房担当だったので、料理も片づけも手際がいいのです。



でも、以前の私は、

妻が家事をやるべき、

という観念にとらわれてました。



なので、夫が料理や片付けやってくれるときがあっても、どこか落ち着かず、

横から色々口を出したり文句を言ったり、

なんとなく罪悪感を感じてモヤモヤして、

それがのちにイライラに転じたりしてました。



だからなのか、あまり夫も積極的にはやりたがっていませんでした。



一悟術ヒーリングを受けてからは、

そういった観念を徐々に手放していき、

今は

息子のお弁当担当は夫、

週末の料理担当は夫、

平日で私がご飯作りたくないときの料理担当は夫

になりました。(え、ほとんど毎日?)



それでも夫が料理することにまだ一抹の罪悪感を感じていて、

運動会が終わって家に帰って一息ついて、ビールを飲んでる夫に聞いてみました。



私 「ねぇねぇ、私がお弁当作り手伝わなかったら、イライラする?」


夫 「いや、別に?

   むしろ、手伝ってもらうと、段取り狂ってやること増えそうだからいらないよ。」



私 「・・・」



そっか、

私がお弁当を作っていて横で夫がゴロゴロしていたら、イライラする

だから、この質問になったんだな。



自分の思っていることを夫も同じように思っている、それ自体も観念なんだな。



いやー、こんなによくできた人なのに、

以前の私は勝手に被害者になって、勝手にイライラして、勝手に八つ当たりしていたんだろうなー。



そう言えば、ヒーリングを受けたクライアントさんで、

・ 何もしなかった旦那さんが料理をし始めたとか、

・ 何も言わなくても普通に家事をやってくれるようになったとか、

・ 料理を作りたくなくても、作れないことに罪悪感を感じてイライラしながら無理やり作っていたけど、むしろ家族は外食を喜んでいることに気が付いたとか、

そんな報告を受けた人たちが一定数以上いるなー、と気づきました。



トラウマを解消して、観念をゆるめてパートナーや家族を見てみたら、

え?意外にこんな人だったんだ!、
なんてことが、

案外頻繁に起こるのかもしれませんね。



私ももっと、自分の曇りメガネを磨いて、夫の本質を見ていこうと思います。








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由

一悟術ヒーリングとは