私が提供する、トラウマを解消するヒーリング、一悟術ヒーリングを

私自身が受け始めたのはちょうど9年前、

妊娠7か月のときでした。



その数年前くらいから、自分自身の生きづらさ、

自分で自覚する範囲では、

・体調不良(疲れやすさ、慢性的な胃の不調、虚弱さ)
・感情の不安定さ(落ち込み、イライラ、 心配性)


を何とかしようと、

色々なツール(食事療法、自然療法、心理学、占い、カウンセリング、ヒプノセラピーや他のヒーリングなど)を

次々と試してきていました。



確かに、少しずつ何かが良くなってきているような手ごたえは感じていましたが、

その変化は表面的で、自分の中の根本的は部分は滞っているような感覚がつきまとっていました。

(だからこそ、たくさんのツールを試し続けたのかもしれません。)



そんなとき、ネットで一悟術を知り、一悟術のホームページを読んで、

一悟術ヒーリングによってトラウマを解消することで根本的な部分が変化していくのかも・・・、

となんとなく感じていましたが、まだ受けるのは躊躇していました。



そんな中、妊娠し、出産が近づいてくると、

自分のトラウマは子どもに連鎖していくのではないか?

とリアルに実感し始めました。



そして、自分から子どもへのトラウマの連鎖を止めよう、

と思い切って一悟術ヒーリングを申し込んだのです。



お腹の中の子どもに後押ししてもらいましたが、

結局は自分自身が一番変わりたかったのだと思います。



受け始めて実感したのは、

自然に滞りが流れ悪循環から抜け出すことができ、

様々なことがよい方向に変わっていくこと。



それもそのはず、

トラウマはよい方向に向かうことの足を引っ張る働きをするものだから。



もちろん、受けてすべてがハッピーでパラダイスでジ・エンド、ってわけではありません。

自分で自分を扱っていくベースが整うのです。



ヒーリングを受ける前は、

色々な問題がごっちゃになって、

心に重くのしかかることが次から次へとつきまとっていて、

どれからどう手を付けていいのかわからない状態だったのが、



ヒーリングを受けてからは、

見通しがよくなり色々整理されてきて、

身軽になり、余裕が生まれ、

そんな中で自分の今取り扱うべき課題が明確になるような感じがしました。




子どもの成長とともに課題も移り変わります。



その課題を滞らせ膨らませモヤモヤさせることなく、

出てきた時期に適切に取り扱うことで、

人間的に一歩ずつ着実に成長していくことができる、

そんな好循環の中にいる実感があります。



子どもとの関係だけでなく、

夫婦関係、親子関係、

友だちやクライアントさんたちとの関係、

ヒーリングや畑の仕事、

健康やお金など、

色々なことが豊かになる方向に流れていっています。



9年前、一悟術ヒーリングを選択したことで、

私の人生の流れは大きく変化したなー、と思います。








IMG_1596








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由


一悟術ヒーリングとは

10月6日~9日 一悟術ヒーリング体験受付@東京新宿区