子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

子育てのグルグルする悩みから一歩踏み出し、人生をスッキリとクリアにしていくヒントをつづってます。

一悟術ヒーリングセッション受付
9月は沖縄のみ受付可能です。

【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

※10月6日~9日東京出張予定

トラウマ


昨日は小さいお子さま連れの方のヒーリングをしました。



私は子どもが好きです。

特に小さい子どもの、体や心全部を使ってものごとを感じようとする姿勢を観察するのが大好きです。

(なので、お子さま連れのお客さま、大歓迎ですよ。)



しかし、昔は子ども嫌いでした。



何が嫌いって、子どもって、ころころ気分が変わるじゃないですか。



こちらは人の顔色を伺って、嫌われないように一生懸命気を遣っているのに、

子どもってそんなこちらの気も知らずに、笑ってたと思ったらいきなり不機嫌になったり泣き出したりする。

そんな子どもの態度が、いきなり怒りを爆発させる父におびえていた私のトラウマを刺激するので、

なるべく子どもとは関わりたくないなと思ってました。




でも、一悟術ヒーリングと出会い、子どもが生まれ、

自分のトラウマと向き合いつつ日々を過ごしていると、

子どもが急に不機嫌になったり、泣き出したりするのにも、

以前ほど感情が波立たなくなってきました。




そうなると、急に不機嫌になったり、泣き出したりする裏側には一体何があるんだろう、

と子どもの本質を理解しようとする余裕が生まれてきたのです。




こういう、子どもの本質を理解して、

子どもの本質にそったサポートをしようとすることこそ、

トラウマをつけない子育てにつながっていく、

と私は思ってます。





でも、子どもの本質を理解しようとするには、

子どもを前にして、感情が波立って余裕がなくなっていては、

なかなか難しい。




子どもを前にして、感情が波立って余裕がなくなるのは、

自分のトラウマが刺激されていることが多いのです。




昨日の記事「トラウマが少ないと、子どもはどんなふうに育っていくのか」の中で、

トラウマをつけない子育てというのは、

必然的に、

自分のトラウマと向き合っていく、
自分のトラウマを理解していく、

ということにつながる

と書きましたが、

こういうことにつながってくるのですね。





2017-09-07-18-45-52
昨日の夕焼け
「ブロッコリーみたいな雲だね」と息子が言いました。






一悟術ヒーリングに興味はあるけど、小さい子どもがいるから・・・

という方は、

遠慮せずいらしてください。

(本音:どんどん来てほしい~)




また子どもと一緒のセッションはどんな感じなんだろう、と気になる方は、

お問合せくださいね。

ご予約&お問合せフォームはこちら




また、1回対面してヒーリングを受けていただくと、2回目以降は電話でのセッションが可能です。

(希望される方は2回目以降も対面でセッションできます)

子どもが寝た時間に、自宅でゆっくりヒーリングを受けるということもできます。




小さいお子さまがいる方で、子育てにモヤモヤを抱えている方は特に、

価値を感じていただけるヒーリングだと思います。








一悟術ヒーリング
とは



子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由











昨日の記事「家族との関係性に根本的で持続的な変化をもたらすには」の中で、

心の傷=トラウマについて書きました。



トラウマとは、バーストラウマ・インナーチャイルドのことを指します。

胎児期~幼少期~成人するまでの間についた心の傷のことです。



トラウマ、と書くと、

家庭内暴力だったり、育児放棄だったり、

誰しも納得するような相当な深い傷のことを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、



でも

・ほかの兄弟の方が可愛がられた(ような気がする)

・ダメという言葉でよく否定された(ような気がする)

・ やりたいことをやらせてもらえなかった(ような気がする)


というような、この程度で?と思われるようなことでも、

トラウマになっていきます。



というのも、どんな出来事が起きたのか、というよりも、

その出来事をその頃の自分はどう捉えたのか

がトラウマになるかどうかに深く関わっているからです。



何らかの悩みがあったり、

なんでこんな自分なんだろう、と落ち込むことがあったり、

子育てや夫婦関係、その他の人間関係や、仕事やお金などに関して、

努力してもなかなか思うようにいかないようなことがあったりする場合、

トラウマの影響を受けていることは間違いないでしょう。



となると、今日本に住むほとんどの人は、当たり前にトラウマがある、

と言っても過言ではないかもしれません。



トラウマ=心の傷、と書きましたが、

トラウマの影響を受けるとどんな感じなのか、

実際、傷に例えるとわかりやすいです。



〇 肉体的な傷は見えるので、治療がしやすいですが、心の傷は普通に人には見えないので、治療されずにどんどんたまっていきます。

傷がたまっていくと、どんどん大きく深く、深刻になっていきます。

傷は見えないけど、時々、その存在を訴えるかのように痛みます。



〇 心の傷があまりに痛いため、感覚を麻痺させてしまう人も多いです。

そうなると、痛みは感じにくくなりますが、幸せなどのポジティブな感覚も麻痺していき、人生に彩りや輝きがなくなります。

何が楽しいのか、何が好きなのか、本当は何がやりたいのか、よくわからなくなったりする人もいます。



〇 無意識に傷をかばうので、バランスが悪くなります。

そうなると、行動範囲が狭まり、自由さが失われて行きます。

行動パターンが似通ってきます。

本来生まれ持った能力も発揮しにくくなります。



〇 たいていは、成長するにつれて、傷を見ないようにしていきます。

でも傷は自分の一部、傷を見ないことは、自分を見ないこととイコールです。

そうなると、自分を自分で取り扱えないような気持ちになったり、自分が自分でわからないような感覚になっていきます。

それが行き過ぎると、精神的な病名がつくときもあります。



〇 本当は自分の古傷が痛んでいるのに、あたかも、誰かに傷つけられたように感じ、被害者のような発想が浮かぶようになります。

(あの人が悪い、あの子のせいだ、どうしてこんな目に合わなきゃならないの、など)

そうなると、過剰に防御したり、相手を攻撃したりする行動につながります。



〇 傷を抱えていると、エネルギーの流れが悪くなるので、疲れやすくなります。

そうなると、若い時は若さ特有のエネルギーでなんとかなっても、年をとるにつれて、エネルギーの滞りが症状に出やすくなります。



〇 軽い傷なら自分で気づいて癒していくことができますが、深い傷だと治療が必要です。

たいていは傷がいくつも重なり合って、複雑な傷になっていることが多く、また、触れようとすると痛いため無意識に拒絶反応を起こすので(もう自分の傷は癒されているはずだ、自分には傷はない、などと思い込むとか)、自分で扱うのが難しいです。





一悟術ヒーリングは傷を外科的に治療していくイメージです。

なので短期間で根本的な部分までトラウマを扱えるのですね。




自分でトラウマを扱っていくなら、

瞑想がお勧めです。

一日1時間の瞑想を約30年毎日続けてやると、ヒーリングと同じくらいトラウマが癒されるとのことです(瞑想の質などにより、個人差はあるようですが)。



瞑想も、色々種類があるので、興味がある方は調べてみるのもよいと思います。

最近は、グーグルなど大企業が瞑想を研修に取り入れたりもしてますよね。



私は白光瞑想という瞑想法を、毎日30分やっています。

安全で着実性があり、浄化力が高い瞑想法です。



瞑想で内面的にどう変化しているのかは、リアルタイムにはよくわかりませんが、

そういう微細な一歩一歩を積み上げていくのが、

瞑想の特徴なのかもしれませんね。



白光瞑想に興味がある方はお問合せください。






image





一悟術ヒーリングとは


子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由








「子どもにしつこく怒ってしまうとき④」の続きです。


子どもに感情的に怒ってしまうのをやめる方法として、

① すぐできる方法
② 根本的な解決法
 ②-1 自分でできる方法


をお伝えしてきました。



最後に

②根本的な解決法
 ②-2 人のサポートを受ける方法


を提案したいと思います。



根本的な解決法としては

・感情エネルギーの滞り
・トラウマ


を解消することです。

前回の記事では、自分でできる方法を提案しましたが、

記事の中でも書いたように、自力でやるにはとてつもない時間とエネルギーがかかります。



世の中には感情やトラウマを扱う色々な方法があるので、ご自身でピンときたものを試されてみるのもよいと思いますが、

子育ての期間はあっという間に過ぎていきます。

なるべくなら短期間で深い効果を感じられる可能性が高い方法が、子育て中の方にはよいのではないかと思います。

なぜなら子育てにおいて親の感情が安定することは、子どものこれからの人生に大いに影響するからです。

「子どもにしつこく怒ってしまうとき①」でお伝えしたように、子どもの頃にさらされていた感情的なコミュニケーションは、のちのちの子どもの人生の人間関係のベースになっていきます。




短期間で、深い解消ができ、安全性が高い、という点から、
私のおススメのサポートツールは以下になります。


・トラウマの解消 ⇒ 一悟術ヒーリング

・感情エネルギーの滞りの解消 ⇒ 感情カウンセリング 通常セッション

・トラウマと感情エネルギーの滞りのピンポイントな解消 ⇒ 一悟術リーディング

・感情エネルギーの滞りの効率的な解消法を身に着ける ⇒ 感情カウンセリング トレーニングコース


更に詳しくはこちら

一悟術ホームページ
感情カウンセラー協会ホームページ



受ける順番としては、私は一悟術ヒーリングを最初に受けるのがいいと思います。

トラウマの影響が強いと、感情が適切に感じにくかったり、感情に巻き込まれたまま抜け出しにくかったり、モヤがかかったように自己理解が進みにくいからです。

一悟術ヒーリングを受けると、感情を取り扱う基礎が整うイメージです。



私、八神詠子は、一悟術ヒーリングと、感情カウンセリング(通常セッション及びトレーニングコース)の提供することができます。

一悟術リーディングに興味がある方は、お問合せいただけましたら、エネルギー的に合うリーダーさんをご紹介することもできます。



子どもに感情的に怒ってしまうことをやめる未来に向かっていきたい方、

ぜひ、サポートさせてください。




さて、長い連載となってしまいましたが、

「子どもをしつこく怒ってしまうとき」いかがでしたでしょうか。



親子関係、トラウマ、感情、
は私が最も注目する自己成長のテーマです。

これらのテーマでお悩みがある方や気になることがある方、

いつでもご質問ください。

お問合せフォームはこちら

直接、もしくはブログ記事の中で、返答していけたらと思っています。





表紙




※2017年9月1日より感情カウンセリングの価格改定を行います。

詳しくはこちら

現行価格での感情カウンセリングを希望される方は8月中にご連絡ください。



↑このページのトップヘ