子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。


2月22日(木)『子育て中のイライラを理解し取り扱おう』講座@沖縄市

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

トラウマ


どうしてこの子はこんな風なんだろう?

この子をうまく正しい方向に導くにはどうしたらいいんだろう?



子育てについてのそんな相談を受けることがよくあります。



そんな時、こう問いかけるときがよくあります。



「お子さんが、今こんな風であっても、お子さんの未来は全く問題がなく、幸せになるに決まってるとしたら、

あなたは今、お子さんに対して、どうふるまいますか?」



すると、

リラックスしてただ見守るかも、、、

なんて答えが返ってきます。



お子さんに問題を見出すとき、

それは私たちが、勝手に、

そのままだと子どもの未来に問題がある、

と設定している場合がよくあります。



つまり、子どもを信頼できていないのです。



そして、親が子どもを信頼していないことを、なんとなく子どもも感じ取ります。



そして、親が子どもを何とかしようとすればするほど、

子どもは反発したり、心を閉じてしまったり、

親にとっての問題が大きくなります。



なので、

子どもの未来は全く問題がなく、幸せになると決まってるとしたら、

今、子どもに対してどうふるまうのか?



そんな問いを、いつも持っておくとよいかなーと思います。



もちろん、その答え通りにふるまわなくてはならないということではありません。



ただ、

子どもの未来に問題があると捉えた場合、

問題がないと捉えた場合、

2つの見方を持つことで、

固まった思考パターンの刺激になるかもしれません。



子どもが学校に行きたがらない。

子どもの成績が悪い。

子どもに友達がいない。

子どもが言うことをきかない。

子どもが好き嫌いをする。



そんなとき、2つの見方、試してみてくださいね。




富士山の麓に落ちる夕日
実家の二階から、こんな景色が見られなんて、贅沢です。



私も親から信頼されていなかった感覚が大きくありました。

特に母親からいつも心配そうな目で見られていたのが私の記憶に刻まれてます。

だからこそ余計、息子を問題視してしまうとき、2つの見方を持つように気をつけてます。










誕生日が自分にとっては特別な日、と昨日の記事に書きましたが、

そう言えば私は特別に扱われることが大好きでした。



特別に扱われるとは、

特別に大切にされる、とか

特別に愛される、とか

特別に必要とされる、とか

そういったことです。



自分だけに特別なサービスとか、おまけ
とかも、

特別感が上がります。



以前の私は、アニバーサリー女で、

そんな特別なことしなくていいよ~、なんて言いながら、

手を抜かれた感を感じようものなら、怒りまくってたものでした。



子育ては、特別感満載なイベントですね。

子どもは、お母さんのこと大好きですから。



でも、特別感を求める裏側には、

自分は特別に扱われない人間だ、

(大切にされない、愛されない、必要とされない人間)

という思い込みがあります。



自分を自然に、大切で、愛されていて、必要とされる人間と思えてたら、

特別感を求める必要はないのですから。



子育ては特別感も高いけど、

特別感が高いがゆえに、

その反対である、特別に扱われていない感じ、も

生じやすいように思います。




子どもが思い通りにならない、

言うことをきかない、

泣きわめいて手が付けられない



そんなとき、

イライラや悲しみの感情が沸き起こる裏側には、

子どもがこんなに私を困らせるのは、私のことを大切に思っていないからだ、

という思い込みが刺激されている可能性も高いです。




幸い、私は一悟術ヒーリングを受けた後に子育てが始まりましたが、

受けてないまま、

アニバーサリー女のまま、子育てに突入していたら、

大変だったろうなー、と想像します。



と言っても、今でも、

息子が私の質問を聞かないで、

会話のキャッチボールにならないときは、

かすかにイラっときます。



でも、小学生男児はこんなものと知っているので、

何度か同じことを繰り返し聞きます。



それでも、聞く耳を持たないときは、こう言います。



「これ以上、お母さんの言うことを聞いてくれないんだったら、

お母さんは大切にされていない感じがして、イライラが大きくなっちゃうよー。」



すると、慌てて、「なになに???」とこっちを見てきます。



なんだ、聞いてるんじゃないかよ!と思いつつ、会話のキャッチボールを始めます。



かすかにイラっもでない状態が目指すところだけど、

大声を出したりなど、感情が行動や言動に影響を出さずにすんでるので、

これはこれで、現時点ではいいかなーと思います。



引き続き、

トラウマや感情を解消しつつ、

自分を自分で大切に扱っていこうと思います。






image
クリスマスも特別感を求めちゃうイベントですなー







大切にされない、愛されない、必要とされない、の裏側には、

トラウマが潜んでいます。


一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由





あと数時間で終わりですが、

今日は私の誕生日でした。



たまたま今日はセッションが入らなかったので、

さて、丸一日、自分のためだけに使おうと、色々考えていました。



ホテルスパに行こうか、

ラウンジでゆっくりアフタヌーンティーでもしようか、

いやいや、たまには映画もいいかなーなんて、

思ってはいたものの、

いざ、今日になると、前の日の前祝のフレンチとワインでちょっと胃が重く、

結局、どこにも行く気になれず、ゴロゴロとしていました。



ゴロゴロしながらも、心の中では、

せっかくの年に一度の特別な日なのにもったいない、

ちゃんと自分に投資してあげないと、この先お金が回ってこないよ!

なんて、自分を責めていました。



すると、

いやいや待てよ、でもさ、

年に一度の特別な日だからこそ、

自分が何をやってもやらなくても、それをありのままに受け止めてあげようよ


という心の声もかすかに聞こえてきました。



そうだよねー、誕生日に何をしなければならない、なんていう決まりはない。

誕生日にお金や時間をかけて特別扱いしてもらえることこそ、愛されている証、なんていう、

思い込みがあったのかもしれない。




誕生日を、何をやってもやらなくてもありのままに自分を愛する日にして、

これからは毎日が誕生日のように過ごしていけばいいんじゃない?


なんて、考えたら、ちょっと楽しくなってきました。



少し元気になったので、読谷の畑へ。



image
畑の脇道から見る夕日は、

とてもきれいでした。







↑このページのトップヘ