子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 12月大阪・東京出張予定

12月3日(日)&4日(月)セッション受付@大阪市

12月28日(木)&29日(金)セッション受付@新宿区

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 
随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

■ 12月16日(土)「子育てのイライラモヤモヤの構造を知ろう」講座@沖縄市

子育て

「子育てのイライラモヤモヤの構造を知ろう」講座のご案内




gatag-00005336



トラウマの連鎖を止める一悟術ヒーラー 八神詠子です。


子育てのイライラモヤモヤで悩むことはありませんか。


イライラするのも、モヤモヤするのも、やめたいのにやめられない。

時には、イライラモヤモヤが、子どもに対しての言動や行動に影響してしまい、あとから後悔の念にさいなまれる、なんて方も多いように思います。


私はヒーラーになって約8年半、子育てや自分の親との関係を通して、そして2千回以上提供してきたセッションを通して、イライラモヤモヤの根っこについて、観察を続けてきました。


また波動医学や、感情、コミュニケーション、自己成長などの分野の講座やセミナーを受け、観察した内容と知識とを照らし合わせながら、実感を深めていきました。


子育て、イライラ、とネットで検索すると、たくさんのページがヒットしたり、書店にはたくさんの子育て本が並んでいたり、子育ての情報は事欠かない現代ですが、

軸が定まってないと情報に振り回され、どれを試してもピンとこないまま終わってしまう危険性もあります。


そこで、今回、子育てのイライラモヤモヤの構造を、最低限おさえておいたほうがよい要点にしぼってお伝えしようと思います


① 感情
② トラウマ(バーストラウマ・インナーチャイルド)
③ 固定観念


子育てのイライラモヤモヤを、着実に手放していきたい方にとって、

どこにどう向かっていけばいいのか、を指し示す地図として使っていただけるような講座にしていきたいと思ってます。


前半は、構造の説明、

後半は、参加者のみなさんの実体験をお聞きしながら、構造への理解を深めていく予定です。


そして、参加者のみなさんの状態に合わせた取り組み方法も提案します。


自分の内面を知ることで、子どもの内面を知っていくきっかけにもなると思います。


子育てのイライラモヤモヤから一歩抜け出したい方、ご参加お待ちしてます。



【日時】
平日開催)11月17日(金)10時~12時
休日開催)12月16日(土)10時~12時


【定員】
各回4名さま
12月16日 残席2名


【料金】
4千円(税込)

イベント後に一悟術体験ヒーリングをご希望の方は特別価格8千円(税込)で受けていただけます(先着2名さま)

【場所】
沖縄市美里仲原町のおうちサロン

ご予約をいただいた時点で詳細をお知らせします。



【お申込み】
​こちらの専用メールフォーム (24時間受付)に
お名前、メールアドレス、連絡先、ご希望日を記入してお申込みください。
他のご連絡方法はこちら 

 
【申込締め切り】
定員になるまで
もしくは各回の前日まで


【代金の支払時期および支払方法】
​当日現金にてお支払いください。
(お釣りがないようにご用意いただけますと助かります)
振込ご希望の方は三井住友銀行の口座番号をお伝えします。


【キャンセルポリシー】
当日連絡なしのキャンセルの場合は料金の100%をいただきます。
 
 

【事業者】
担当: 一悟術ヒーラー 八神詠子
080-3956-1222
株式会社 今を生きる人 神奈川県三浦市初声町和田2567-5 






過剰に子どもを気にかけすぎてしまう過保護
と、

過剰に子どもを放っておく放任と、

180度違うようで、

根っこには同じ要素が絡んでいるように思います。



というのも、

子どもは自分の中にある、不安や恐れ、悲しみや怒り、寂しさや悔しさなど、ネガティブな感情をあぶりだしてくれます。



ネガティブな感情を感じたくないために、


ネガティブな感情を感じない状態になるように子どもをコントロールしようとするのが過保護となり、


ネガティブな感情を感じたくないために、


完全に目をそらしてしまうのが放任


となるのでないかと思っています。



私は息子の宿題を通して、過保護と放任を経験しました。




息子が小学1年生になり、最初は積極的に宿題をみてあげるようにしていました。


でも、、、

目の前のことに集中できず、宿題をさっさと終わらせられない息子にイライラ

字をうまく書けない息子にモヤモヤ不安

ちゃんとやらせないと担任の先生にダメな親と呆れられるのではと想像して落ち込み



そんなネガティブな感情はすべて息子のせいとばかりに、

なんとか、(自分の基準で)人並に宿題をやらせようと必死でした。

ときには声をあらげてしまうこともありました。息子が泣き出すこともありました。


宿題をみる時間は私にとっても息子にとっても、苦痛な時間でした。



小学2年になり、息子の学童が変わり、学童の先生に宿題をみてもらえるようになりました。


「あー、なんて楽なんだろう!」と息子の宿題はほとんどみなくなりました。

とにかく、やると決められたページは何かで埋まっているのでよしとしていました。



ざっくり分類すると、

小学1年→過保護状態 小学2年→放任状態、

となっていましたが、

根っこには、ネガティブな感情と向き合いたくない自分がいたのでした。



小学3年になり、最初の家庭訪問で、

「お母さん、まずいですよ。」と深刻に先生に言われるくらいの息子の学習レベル(授業中の態度も含む)だったので、

私が息子にできることは、過保護状態も放任状態からも抜け出すことで、

自分が自分のネガティブな感情と向き合うしかない
んだなぁ、

とやっとスイッチが入ったのでした。



詳しいことは長くなるのでまた次の機会にでも記事にしますが、

それからは試行錯誤しながら、

息子の宿題や、学習に関する自分のトラウマや固定観念、感情の滞りなどと、

向き合い続けました。



私自身は、宿題も学習も、あまり苦労なくすんなりできていたつもりでしたが、

自分の息子に対する反応から、回りの評価を気にして結構必死で頑張ってやっていたんだな、ということにも気づきました。



今は、息子の宿題や学習がどうであれ、ネガティブな感情はあまりでなくなりました。

もし、ネガティブな感情が出たときは、

比較的早く(息子が悪いのではなく、今の自分がフラットでないなぁ)と気づくので、

ネガティブな感情が息子に対する行動や言動に影響しにくくなりました。

そして、その後、息子に対して出てきた自分の感情と向き合い、手放すことをします。



そうすると、自然にあるべき方向に物事が流れていくのでしょうか。



息子の宿題や学習に対する意欲も、成績も、なんとなくですが、

深刻な感じが減り、

明るく、かつ軽い感じになってきたように感じます。



今の私の息子に対する立ち位置は、

適切な距離感を保ちながら、

出てきた感情を感じつつ、

必要かなと感じるときにサポートする、


という感じです。




なかなか、よさげな立ち位置なので、

このまま、観察していきたいと思います。





イラスト









子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由

一悟術ヒーリングとは





台風22号、だんだん沖縄を過ぎ去りつつあるようです。

台風の目に入ったときの無風状態が長くて面白かったです。




先日、息子と平日、カフェでモーニングしました。



「子どもが学校を休みたがるとき」などの記事で書いたように、

息子が学校を休むことにあまり抵抗がなくなり、

いや、むしろ、今までの反動で、

「学校休めば?」など言ってしまうこともよくある最近です。
 


カフェで感じたのが、

こうやって二人でお店に入っても、以前ほど息子の行動にハラハラしなくなったなぁ、ということ。

色んな話をしながら、ゆっくり楽しく過ごしました。



女の子なら、カフェでもお母さんの横にちょこんと座り、じっとしていられる子も多いのでしょうけど、

男の子は、自分の分を食べて飲んだら、あちこち動き回らないと気が済まない子が多いように思います。



ゆっくりコーヒーを飲みたいのに、

それ触らないで、

危ない、

静かにして、など、

心は落ち着かない。



でも、子どもは成長するんですね、

当たり前かもしれないけど。



不安や心配の中にいると、

ずっとこのままなんじゃないだろうか、

と、つい力んでしまうことも多いけど、

こんな穏やかな時間を一緒に過ごせることがわかっていたなら、

もっと力を緩めてもよかったのかもしれないですね。





2017-10-26-10-58-34
息子撮影 奥に座ってるのが私。
こんなテラス席が気持ちいカフェでした。






この子はこのままで大丈夫なんだろうか

ずっと変わらないんじゃないだろうか、

などと、心配や不安を盛り上げるイメージが湧いてきたら、

何の問題もなく、成長している息子の姿も、

同時にイメージしていこうと思います。






2017-10-26-11-08-45
カフェのサボテン








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由

一悟術ヒーリングとは




↑このページのトップヘ