子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

子育て


息子には年長さんのときから、毎月お小遣いを渡しています。

お年玉などの大きい額のお金も、特に親の方で貯金などすることもなく、全部本人に渡しています。



そして、息子のお金の使い方にはなるべく口を出さない、と夫と決めています。

自分たちもお金の使い方を教えられるほど、お金の使い方が上手なわけではないわけで、

息子は息子らしくお金との付き合いを学んでいけばいいなーと思ったからです。

そして、息子のお金の使い方を見て、私が感じるネガティブな想いや感情と向き合って手放していければ、という意図もありました。



お小遣いをもらい始めた最初の頃は、お金を使うこと自体がうれしかったようで、もらってすぐ近所のコンビニで使い切ってました。

時には近所の子どもたちにお菓子の大盤振る舞い。



そのうち、バディファイトカードにはまり、お小遣いは全部そちらにつぎ込み始めました。

お年玉の大きな額のお金が入った時も、迷わずバディファイトカードの豪華なセットたちをいくつも買っていました。

子どもの大人買い、ですな(笑)

このころは、周りの子どもたちに自慢できるようなもの~レアなカードやかぶとむしなど~が彼のお金を使う対象でした。



しかし、せっかく大金をつぎ込んでも、バディファイトカードはすぐ新しいカードにリニューアルしてしまうし、カブトムシはすぐ死んでしまうし、自慢できる時間は限られていることに気づいたようです。



最近は、お金を貯めて自分が楽しむための大きい買い物をする、ということに興味があるようです。

今欲しいのは、ニンテンドースイッチで、そのためにコツコツお金を貯めています。

しかし、ベイブレード(コマのおもちゃ)やお菓子など、ちょこちょこ欲しいものに貯めたお金を使ってしまうので、なかなか希望の額が貯まらないのが今の課題のようです。



大盤振る舞いの時期や子どもの大人買いの時期は、このままの感覚で大人になったらどうなるんだろう、とちょっとハラハラしましたが、

彼は彼なりに、色々体験しながら、自分を満たすためのお金のセンスを磨いているようです。

そしてそれを信頼しきれるよう、私も自分のお金に対するネガティブな想いや感情を、手放していきたいと思います。





子どもの大人買い時期のマンガです。
2







子どもを見て感じるネガティブな想いも、自分の成長に変えていこう

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由





昨日の記事で、

「色々やってみて最終的には、

息子を信頼しよう、

もし信頼できないのなら、なぜ信頼できないのか自分の中を見つめて解消しよう、

と決めて、

息子の学習には口を挟まなくなりました。」


と書きましたが、

子育てにおいて、「決める」ことはとても大切だなー、としみじみ思ってます。



セッションなどで話を聞いていて、

決められてないから悩んでるのでは、と思うことがよくあります。



例えば、未知の世界を航海しているとしましょう。

自分のめざす場所へ行くために、ある程度検討をつけて、

「こっちへ行こう」と決めて、行ってみます。

もし、ある程度行ってみて違ったなら、また引き返して、決めなおせばいいのです。



でも決めずに、ふらふら適当に航海していると、

同じところをぐるぐる回ってしまった、などということが起きやすいのです。

望む場所に行けたとしても、偶然だったりして、再現性は低くなってしまいます。




「決める」といっても、最初は、一時的に決めてみる、でいいのです。

一週間、一か月はやってみる、という感じで。



例えば、子どもに早く寝てほしいと思っているけど、

なんだかんだ、いつも寝るのが遅くて困っている、という場合、

一週間は、なにがなんでも、9時までに寝てもらう、と決める。

決めてやっていくうちに、

こうすれば9時までに寝れるなー、とか、

就寝時間を9時にしなくてもいいかも、とか

学んで、今後に活かすことができるのです。



そしてたいていの場合、親が決めていないことに対して、

子どもは揺さぶりをかけてきます。


この場合、9時までに寝てくれたらいいなーと思っているけど、

なんだかんだ、やることいっぱいでやっぱり難しいなぁ、

どうしよう、今日は寝てくれるかなぁ・・・

など、決め切れていないとき、

子どもは9時になっても元気いっぱい、寝るのヤダヤダ!という感じになりやすいのです。



しかしまぁ、「決める」って難しくもあります。

なぜなら、責任が伴うからです。

決めないでぐらぐらしていたほうが、実は人や何かのせいにできて楽なんですね。



「決める」は、子育てだけでなく、

人生全般に有用性が高いですが、

子育てを通して「決める」をトレーニングする

のはとってもいいなーと思います。



「決める」ができてないと、子どもが瞬時に反応してくれますからねー。



そう考えると、子どもは人生のトレーナーですな!





IMG_5028
小学校の花壇のスミレ
春ですなー









セッションの際は、ヒーリングにプラスしてクライアントさんに合わせたカウンセリングを行ってます。

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由



小学3年生になって最初のころは、

授業内容についていけず、授業中はぼーっとしてたり寝てたりするとのことで、

一番前の席に座らせられていた息子。 



テストはほとんど白紙状態(特に国語)で、

スクールカウンセラーのカウンセリングを受けたり、

楽しんで漢字を覚えられるように、家族で人間漢字を毎晩作ったり、

うんこ漢字ドリルを買ったり、

なんとかならないものかなーと試行錯誤した時期もありました。




image
人間漢字



色々やってみて最終的には、

息子を信頼しよう、

もし信頼できないのなら、なぜ信頼できないのか自分の中を見つめて解消しよう、

と決めて、

息子の学習には口を挟まなくなりました。



3年生も終わりごろになって、

最近は「調子がいい!」とのことで、

テストも7割8割くらいとれることも続いています。



子どもって、その子自身のタイミングで成長するもんなのかもなーと、

実感しています。




苦手だった漢字も、以前よりは書ける漢字も増えてきて、

すごいなーと感心してます。



親が、「このままでこの子は大丈夫なんだろうか」というような不安ベースで、

子どものために色々やろうとすることは、

子どもにとっても親にとっても、

負担が大きく、

かけているエネルギーの割にはうまくまわらない、

というような非効率的な場合も多いのかもなーと思いました。



「このままで大丈夫なんだろうか」という不安や恐れを見つめて手放していく、

そして信頼ベースで子どもと付き合っていく、


その方がずっと、

子どもも親も、

スッキリと、楽しく、シンプルに、

生きられるのかもしれませんね。










スッキリと、楽しく、シンプルに生きよう。

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由




↑このページのトップヘ