子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

子育てのグルグルする悩みから一歩踏み出し、人生をスッキリとクリアにしていくヒントをつづってます。

一悟術ヒーリングセッション受付
9月は沖縄のみ受付可能です。

【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

※10月6日~9日東京出張予定

子育て


これからの子育てに特に大切なもの



それは自己肯定感を高めること




なぜ、自己肯定感を高めることが、これからの子育てに特に大切なのでしょうか。



ある研究機関は10~20年後に国内労働人口の49%に当たる職業について、人工知能やロボットで代替される可能性が高いという推計を発表しました。



今のコンピューターの1億倍高速な量子コンピューターの開発もどんどん進んでいるそうです。



今までの時代と違い、これからはかつてないスピードで変化の流れが加速していくでしょう。



子どもたちはそんな時代を生き抜いていかなければなりません。




変化が加速する時代に対応していくのに、

私は以下の2つが特に重要な要素だと思っています。



新しいことにどんどんチャレンジしていける好奇心

失敗から学んで、次に活かしていくトライ&エラーの精神




そう、失敗を怖がっていたら、変化に取り残されていくでしょう。




人はなぜ失敗を怖がるのでしょうか。




それは失敗=自分はダメだ、という自己否定につながるからです。



失敗しても、何をしても自分は大丈夫、と心の底から思えていれば、

つまり自己肯定感が高ければ、

失敗を恐れず挑戦し、失敗をしてもそこから学び、

柔軟に幅広く、変化に対応していくことが可能です。




では子どもの自己肯定感を高めるためにはどう、育てていったらよいのでしょうか。



「自己肯定感」「子ども」「高める」というキーワードを入れて、検索すると、

たくさんの記事がヒットします。

ざっと目を通したところ、ほとんどの記事は子どもの自己肯定感を高めるために、

こんなことをするとよい、と書かれています。



・子どもを褒める
・子どもの話を聞く
・子どもの存在自体を認める
・子どものできなかったことよりできたことに目を向ける
・子どもを誰かと比べるのはやめる




もちろん、その通りだと思うのですが、

注意したいのが、

親が心から素直にそれをやっているのかどうか、という点です。



表面的にやっていても、子どもは感覚的に見抜きます。



例えば、

忙しい中、子どもの自己肯定感を高めなきゃと、イライラしたり、上の空で子どもの話を聞いていても、

イライラや、関心がない感じの方が、子どもに伝わりやすいです。



実は、

自然に自己肯定感を高める子育てができるようになるには、

親自身の自己肯定感を高める必要があります。




自己肯定感が高ければ高いほど、

自分のありのままを認められていれば認められているほど、

自然に相手のありのままを受け入れることができるからです。




少し無理してるかも、と感じる方は

子どもの自己肯定感を高めるためにやろうと思っていることを、

自分にもやってみてくださいね。




自分褒める
自分話を聞く
自分存在自体を認める
自分のできなかったことよりできたことに目を向ける
自分を誰かと比べるのはやめる






taketa母娘



自分を否定する情報とエネルギーはトラウマとして固定化されており、

なかなか自力では動かしづらいのが現状です。


自分の自己肯定感を高めるのは難しいという方は、

トラウマを解消するヒーリング、一悟術ヒーリング

お試しください。










 



トラウマは、人生を生きにくくする要因の一つです。


子どもの本当の幸せを望むなら、なるべく子どもにトラウマがつかないように育てようとする意識は必要でしょう。


でも、皮肉なことに、トラウマが多い子どもの方が育てやすい、という面もあるようです。


この場合の育てやすい、というのは、コントロールしやすい、という意味ですが。



例えば・・・


子どもは好奇心のまま、色々なことをやりたがります。



でもそれが親にとって、やって欲しくないことだった場合、

怒鳴ってやめさせたり、

嫌な顔をすることも多いかもしれません。



子どもは、自分の行動がなぜいけないのか理解しないまま、

やりたいことをする=怒鳴られたり、嫌な顔をされる=嫌われる

と潜在意識にインプットされます。



そういったことが繰り返されると、



「自分がやりたいことをやると、親に嫌われる」、という情報が

子どもの潜在意識にトラウマとして固定化されていきます。



そして親としては、

怒鳴ったり、嫌な顔をすれば、

コントロールできる子どもを

手に入れられることになります。



子どもは、親の顔色をうかがいながら、

やりたいことを抑圧し、

そうして成長すると、

一体自分は何がやりたいのか、

わからない大人になってしまいます。



自分が何がやりたいのかわからない、

何が好きなのかわからない、

何が楽しいのかわからない、


という人は、

そういうトラウマがあるのかもしれませんね。





30


親から子へ、トラウマの連鎖を止めたい方へ

トラウマを解消する一悟術ヒーリング

体験してみてください。



「一悟術ヒーリングとは」





IMG_4033


初めまして。沖縄在住一悟術ヒーラーの八神詠子です。

夫と小学生の息子と一緒に暮らしています。



好きなことをやってきて、今は子どももいて幸せなはずなのに、心からそう思えない。

どこかいつも焦りや空虚感がある。


そんな感覚をお持ちではないでしょうか。



どこかに、もっとゆったりと息ができる、広々とした自由な世界が広がっているはずだ。

特に毎日、あわただしく子どもと接しているときに、そんな世界をイメージする。



もしかして、そんな世界に向かって、今まで色々なことをすでにされてきたかもしれません。

以前よりもよくなってるのかもしれない、でもぐるぐる同じところを回り続けている気もする。



そんな感覚があって、そこから一歩大きく前進したい方にお伝えしたいのは、

広々とした自由な世界は確かに存在していること。

しかし、そこへ行くことを阻んでいる大きな要素があること。



大きな要素とは、心の奥底にあるバーストラウマ・インナーチャイルドです。



バーストラウマ・インナーチャイルドとは、胎児期から成人するまでの間についた心の傷・満たされなかった想いのことを指します。

バーストラウマ・インナーチャイルドはあなたを狭い世界にがんじがらめに閉じ込めてしまうような働きをします。



そして、親のバーストラウマ・インナーチャイルドは子どもに連鎖していくのも特徴のひとつです。



バーストラウマ・インナーチャイルドを解消することは、広々とした自由な世界への移行をサポートします。

そして親が自由な世界に生きていると、子どももまた、自由な世界が当たり前になります。

それは子どもの生きる力の大きなベースになります。



私の提供する、一悟術ヒーリングは心の奥底にあるこのバーストラウマ・インナーチャイルドを扱います。

1クール20回、最短5か月で、35%以上バーストラウマ・インナーチャイルドを、元に戻らないレベルにまで解消します。

バーストラウマ・インナーチャイルドを短期間で広範囲に深く解消したいのなら、他に類を見ない効率的なツールかもしれません。



私は8年前、長男妊娠中に一悟術ヒーリングを受けました。

それから一悟術ヒーラーとなり、たくさんの子育て中の方をヒーリングしてきました。

そして自分をはじめ、子育ての悩みを抱えていたクライアントさんの多くは、子育てから得た気づきや学びを生かして、より自分自身の魂にそった生き方にフォーカスしていっています。

狭い世界で子どもと絡み合っていた人生が、広々とした世界に移行したことで、適度な距離感で、心から笑ってシンプルに過ごせるようになっていっています。

そして、子どもは自分の魂が喜ぶ本質的な生き方をサポートしてくれる存在だと、実感するようになっています。



一悟術ヒーリング、まずは体験してみませんか。



1回分を体験できる体験ヒーリングセッションを1万円(税込)で提供しています。

体験ヒーリングセッションは、ヒーリングとカウンセリング、質疑応答が含まれ、時間は1時間です。

提供場所は沖縄市美里仲原町にあるおうちサロン

場所の詳細はご予約の際にお知らせします。

またご希望なら出張も可能ですので、お問合せください。

(東京出張予定:8月・10月・12月
 大阪出張予定:8月・11月)



体験ヒーリングセッションのご予約やご質問は以下の連絡先へどうぞ。


お問い合わせフォーム(24時間対応)


ご予約の際は、お名前、お電話番号と体験セッションご希望の日時を第3希望までお知らせください。



子どもはあっという間に大きくなり、成人していきます。

子どもと過ごせる時間もあっと言う間に過ぎていくかもしれません。



このタイミングで、あなたのイメージする広々とした自由な世界を体感しませんか。


一悟術ヒーリングと八神がサポートします。



八神詠子
ホームページ:http://yagamieiko/com

↑このページのトップヘ