子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

一悟術ヒーリングセッション受付

10月6日~9日 一悟術体験ヒーリング受付@東京

10月24日 一悟術体験ヒーリング受付@鹿児島

沖縄市では随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら


日記


今回の東京滞在中は実家にいます。



母や父と時間を過ごしていると、

私という存在の根底には

この親子関係がベースにあるんだな、と実感します。



たいていの子どもにとって、

親という存在は絶対的な存在。



その絶対的な存在から、

頭ごなしに間違ってると決めつけられたり、

親の言うことをきかない子は悪い子と刷り込まれたり、

自分の感覚より、親の感覚の方が正しいとされたりしたら、



どんどん、 



自分という存在があいまいになり、わからなくなっていき、

自分という存在に自信が持てなくなっていき、

自分という存在より他人の存在を気にしながら生きていくようになるのは、 

当たり前なのかもしれないと思います。



そういった自分のネガティヴなルーツを親との関係の中で見出しつつ、

でも、そのネガティヴなルーツに支配されずに、

新たな風通しの良い関係性を親との間で築いていく、

そういったことに挑戦し続けています。



何十年と続けてきた関係性が変化していくことに親は戸惑う部分があるのかもしれませんが、

親自身も徐々に変化していっているのを感じます。



親(私)から子(息子)へ、トラウマの連鎖を止めよう、

そういう思いで私は一悟術ヒーリングを選択したのですが、

子(私)が変化することで親(私の両親)にも、

なんらかの変化の広がりが起こりうるのかもしれませんね。




多分、どこにも悪い人はいない。

いるのは傷ついた人だけ。

傷ついた人同士、愛情がうまく伝わらずに、こんがらがってすれ違っている。



まず、自分の傷を癒していこう。



そこから、きっと、

スムーズにシンプルに自然に、

広がっていく、

伝わっていく。




すると、ほら、

世界は平和になっていくでしょ?








軽く登山しました。




富士山が見えたよ。




東京に来てます。

さ、さむい、、、



駅ビルの本屋で、読みたかった本に出会いました。


『あのひとは蜘蛛を潰せない』
彩瀬まる著  新潮文庫





本の帯にはこんな言葉

〜28歳、実家暮らし。母の「ちゃんとしなさい」から、抜け出せない。〜



どこにでもいるような、ある娘と母の話。

けれども、母親からの、なんとも言えない呪縛の感覚が、豊かな表現で語られています。



母に否定されると、内臓を火で炙られているかのような心細さを感じる


この家ではすべての正しさは母に集約される。私の脳は酸欠のままなにも考えない。考えない方が、痛い目にあわなくて済むから、いいのだ。


私は子供だ。体と中身が一致しない、グロテスクなオトナコドモだ。



ああ、この感覚、わかるな


小説の中で文字で描き出してもらうことで、自分という存在の中身が少し見やすくなった感じがしました。



なんとも言えない呪縛の感覚、

そう言った微細な感覚が積み重なって、生きづらさ、として人生にのしかかってくるように思います。



でも、ひどい親だから、子どもをそういう感覚にさせるわけでは決してないのです。

ほとんどが、一生懸命な普通な親だったりするのです。

だからこそ、子どもは親に対して、そんな感覚を持つことに罪悪感を感じ、その罪悪感がさらなる呪縛の感覚となっていくという、まさに悪循環のループ。


親と子、お互い、一生懸命なのに、
どこでどう、すれ違ってしまったのでしょう。



私はそれが、

親から子へのトラウマの連鎖

なんじゃないのかな、と思ってます。



ラストは少しずつ、地に足をつけ、痛みを受け入れながら変わっていこうとする主人公が描かれています。

その変化が周りに自然に広がっていく様子が、主人公のこの先の未来を予感させました。



母親、というキーワードで、自分の中のモヤモヤした感覚を捉えてみたい方に、オススメします。




10月に入りました。



沖縄は相変わらず暑いけど、暑い中でも少しずつ、涼しい風が混ざってきたように思います。



ここ数か月、畑に行ったり、ウォーキングをしたり、毎日何かしらで意識的に体を動かすようにしています。


体の滞りを流して、動きを軽くするイメージ。


すると、連動して、日常的な行動も軽くなるような気がします。



外で体を動かすと、体の中に風が通って、気持ちいい。



そんな気持ちよさで、毎日を過ごしたいですね。







アフリカンブルーバジルの花

かわいいでしょ


2017-09-26-15-48-06




最近は、ハーブをお茶や料理に使うだけでなく、

部屋に飾って目でも楽しんでます。








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由


一悟術ヒーリングとは

10月6日~9日 一悟術ヒーリング体験受付@東京新宿区





↑このページのトップヘ