子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

2018年07月


IMG_0352



7月11日(水)に沖縄市のおうちサロンにて、「地球に生きる」をテーマにしたお茶会を開催します。

 

 

子育て、家事、仕事、実家との付き合い、などなど、同じ場所で日々の暮らしを生きていると、

だんだん見える世界が狭くなっていく傾向にあります。

 

すると、子育てや夫婦関係の悩み、自分自身への不満などでグルグルしがちになっていきます。

 

そんな時は、目線をもっと広い場所に移すのがお勧め。

 

そう、私たちは地球に生きているんです。

 

 

でも、なぜ地球に生まれてくることになったのでしょう?

 

地球に生まれてきた目的は?

 

そもそも、地球に来る前はどこにいたの?

 

 

さぁ、壮大になってきましたねぇ。

 

 

何が正解かではなく、こんな世界観もあるんだな、と感じていただくことで、

日々の悩みを紐解くような、気づきや発想が起こりやすくなるかもしれません。

 

 

学びの場としての地球のこと、

そしてちょっぴり宇宙のことにも触れながら、

ゆるゆるとお茶できたらと思ってます。

 

 

 

【日時】

7月12日(水)10時~12時

 

 

【定員】

3名さま

 

お子さま連れでも大丈夫です。

 

【料金】

3千円(税込)

 

イベント後に一悟術体験ヒーリングをご希望の方は特別価格8千円(税込)で受けていただけます(先着2名さま)

 

【場所】

沖縄市美里仲原町のおうちサロン

 

ご予約をいただいた時点で詳細をお知らせします。

 

 

【お申込み】

下の専用メールフォーム (24時間受付)に


お名前、メールアドレス、連絡先など記入してお申込みください。

 

 

【申込締め切り】

7月10日(火)24時まで

 

 

【代金の支払時期および支払方法】

​当日現金にてお支払いください。

(お釣りがないようにご用意いただけますと助かります)

振込ご希望の方は三井住友銀行の口座番号をお伝えします。

 

 

【キャンセルポリシー】

当日連絡なしのキャンセルの場合は料金の100%をいただきます。

 

 

 

【事業者】

担当: 一悟術ヒーラー 八神詠子

080-3956-1222

株式会社 今を生きる人 神奈川県三浦市初声町和田2567-5

 


今日は7月1日、2018年下半期の始まり。



FullSizeRender
醒麗ガーデンズ読谷の畑に生えていた、何かの実(笑)
かわいいでしょ。






2018年上半期は、 自分の限界を超えるためなのか、

これでもか!これでもか!というくらいの大波が、

ざぶんざぶんとやってきた。



おかげさまで、周りの人たちのサポートを受けながら、

ぷかっと水面から顔を出し気づいたのは、

「ああ、大波がきていたのは、自分の心の中だけだったんだ。」ということ。



現実は心の中を写し出す、鏡のようなもの。

それがより深く実感できた、半年だった。



残りの2018年は、楽しく身軽で自由な心の中を、写し出す半年にしていこう。



そして私の本当にやりたいことをやっていこう ↓



・ ありのままで楽しく生きる子どもたちを増やしていくこと
  (子どもたちは未来だよ!)

・ 魂の目的に沿って生きる人を増やし、サポートしていくこと



ちょっと、マジにいきまっせ。




そう、人生の密度を上げていこう。



この先一体、何年生きれるか、わからないよ、私たち。



永遠と生きれるかのように、ぐるぐると悩むのはもう止めよう。



さぁ、台風に浄化してもらった後は、

スッキリと前を向いて、覚悟を決めて生きていこう。



私、喜んでサポートするよ!






 体験受付@東京都新宿区

7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 本気で魂の目的に沿って生きよう

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 




↑このページのトップヘ