子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

2018年07月


台風がそれた沖縄本島だが、風がビュービュー吹いている。



ビュービューいってる風の音を聞きながら一時間瞑想。

なんだか、台風ってワクワクするなと思った。



荒れ狂う風が、滞ったものを持ち去って、空っぽにしてくれそう。



でも、台風がワクワクする、なんてこうやってブログに書こうものなら、

台風が直撃の先島諸島の人たちのことを考えてよ!なんていう非難を浴びそうで、

ちょっと怖い。



どこかで災害が起こると、 神妙にしていないといけない気になる。



でも、地球のどこかでなんらかの災害はいつも起こっていて、

自然災害でなくても、内乱や戦争や、弾圧、飢餓などは起こっていて、

神妙にしていなくてはいけない線引きってどこにあるんだろうとも思う。



なんとなく、小さいころを思い出す。

親がイライラしていたり、落ち込んでいたりすると、

楽しい気持ちやワクワクした気持ちを表現してはいけない感覚があった。



なんとなく、なんとなく、思い出すのは、

もっともっと小さいころ、

楽しくはしゃぐ私に対して、

「うるさい!静かにしろ!」と怒鳴る父の声。

「お母さんの気持ち、全然わかってくれないのね。」と非難する母のイメージ。




楽しくて、わくわくして、はしゃぐことって

いけないことなんだ、とどこかで思い込んでしまった私。



怒られないように、非難されないように、

親の顔色を伺って、

神妙に真面目に気を張って、

相手の気持ちに合わせて、

相手が望むような自分であるように、

どこにもほころびがないように、

精一杯、演じなければならない。




そりゃ、小学校の頃から、肩こり胃痛に悩まされて当たり前かもしれないな。



さぁ、あの頃のワクワクの感覚を取り戻そう。



台風ってさ、ワクワクしない?

自分の中に、台風の風を吹き狂わせて、

ああ、役を演じるあまり自分だと思い込んできた仮面の数々を、

ぶっ壊したいんだ。



一緒に、ぶっ壊そうぜ!





FullSizeRender
こんな感じ? (笑)









7月15日~28日は関東・オーストラリア出張予定。

7月の沖縄での対面セッション受付が7月10日~14日、29日~31日のみとなりますので、お早めにお申込ください。




明日だよ↓ 今、地球で一体何が起こってるんだろう?
地球上で私たちはどう生きていく? 覚悟を決めよう。

 お茶会やります@沖縄市

7月11日(水)「地球に生きる」お茶会@沖縄市



 体験受付@東京都新宿区 
※以下の日程以外でも受付できる場合があるのでお問合せください。


7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 一歩一歩楽しく進んでいく

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 




台風が八重山地方に接近中

沖縄本島でも風が強くなってきた。



今日は息子のクラス担任の先生と個人面談で学校に行った。

家庭訪問のときもそうだったけど、今回の担任の先生は、基本、息子を褒めてくれる。

ああ、息子のことを好いてくれてるんだな、と感じさせてくれる。



でも、一つだけ気になることが・・・、と先生。

どうやら、授業中、たまにボーっとなって、何を言っても暖簾に腕押し、みたいなことがあるらしい。

ボーっとなって、テストもほとんど白紙で終わってしまうなんてこともあったようだ。

でも反対に、スイッチが入ってものすごく頭の回転が速くなる時もあるとのこと。



基本、私は子どものボーっとする時間はとても大切だと思っている。

創造力だったり、夢見る力だったり、子ども時代のこのボーっとする時間の間に育まれるんじゃないかと思ってきた。

それでホームページでこんな記事を書いたことがあったんだけど、先生に息子のボーっとする時間を大切に思っていることを論理的に説明できたのはよかった。

「ボーっとする」は意味がある 男の子のボーっとする時間を優しく見守ろう



子どもが、特に授業中ボーっとすることに対し、心配になることも容易くできる。



こんなにボーっとしていて、将来大丈夫だろうか。

勉強についていけなくなるのでは。

社会人になってもボーっとして、使い物にならないのでは。




そう、子どもの「今」から、将来の不安を導きだすのは簡単だ。

自分が子ども時代、自分の親から、そうされていた場合は特に。




そんな時はこの記事

「子どもの将来が不安」そんな時に使いたい魔法の問いかけ




子どもの将来を不安に思うメリットとデメリット

さて、どちらが大きいんだろう?



子どものボーっとする時間に育まれるものがあること、私はそれを大切に思ってることに対し、

先生は理解を示してくれた。

そして、先生なりに、息子がボーっとする時間から、なるべく早く意識が授業に戻ってこれるように、色々工夫してみると話してくれた。



色んな人に関わりの中で、息子はどう成長していくんだろう。



楽しみだ!



IMG_0386









7月15日~28日は関東・オーストラリア出張予定。

7月の沖縄での対面セッション受付が7月10日~14日、29日~31日のみとなりますので、お早めにお申込ください。





 お茶会やります@沖縄市

7月11日(水)「地球に生きる」お茶会@沖縄市



 体験受付@東京都新宿区 
※以下の日程以外でも受付できる場合があるのでお問合せください。


7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 一歩一歩楽しく進んでいく

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 






先月の北海道旅行では、斜里岳登山をした。


IMG_0359
斜里岳山頂
向こうに見えるは羅臼岳




去年は羊蹄山に登り、

その数年前は大雪山を縦走。

近年、北海道の山々にご縁があり、嬉しい限り。



山は昔からよく登る。

父が登山が好きだった影響で、小さいころからなんとなく山に登っていた。



なんとなく山好きになって、なんとなく北アルプスの山小屋にアルバイトに行ったら夫と出会った。



昔の登山スタイルは、とにかくガムシャラ。

コースタイムよりいかに早く登れるかを気にしていた。

山でもクールな優等生でありたかった。



ここ数年、足に合わない登山靴を履いていた影響もあると思うのだが、

急に登山ペースが落ちた(もちろん、年齢もあるか)。

今までのようにガムシャラに頑張っても、足が動かなくなった。

息切れして、何度も何度も立ち止まった。

どんどん仲間から離されていく悔しさ、悲しみ、自分自身への怒り

自分が思っている以上に標準より早いペースにこだわっていることを知った。



去年の羊蹄山登山で、自分のペースを大事にしようと思えるようになった。

それでも、息がきれ、足が動かなくなり、これ以上進めなくなるような感覚が度々あった。



そして、今年の斜里岳登山



もう、息切れさせてまで、自分を追い込むのはやめよう。

自分の体と心を丁寧に感じながら、楽しめるペースで一歩一歩大切に進んでいこう。

そう決めて、望んだ山登りだった。



時には、半歩ずつ、のろのろと登るような場所もあった。

息が少しでも上がるようならペースを落とし、自分を感じながら、楽しむことに意識をセットしなおした。



ああ、息が上がらない登山ってあるんだな、と気づいた。

今まで「なんで登山なんかに来ちゃったんだろう」と後悔していたような登り道でも、

その場所場所にある自然とエネルギーを楽しみながら、さらりと登っていけた。



息切れするような疲れもないので、休憩もほとんどいらなかった。



ああ、自分自身をちゃんと感じてあげながら、自分のペースで歩んでいくって、とても大切なんだ、と実感できた。

そう、それは人生と全く同じ。



コースタイムとか標準とか、だれかが作った基準より上だ下だと一喜一憂するのはもうやめよう。

ただ、自分は自分であればいいだけなんだ。



自分のペースをとても大事にした登山だったが、結果、コースタイムより少し早いくらいで下山でした。

あれれ、そんなもん?

頑張る必要なんて、もしかしてない?



ガムシャラに息切れして、重い体に鞭打って、それでもクールな優等生の仮面をつけて、頑張り続けてたけど、

そうじゃないと人生(登山)やってけないと思い込んでたけど、

どうやら違うみたい。

これからの時代は特に。





斜里岳はメジャーな山ではないものの、川越えがあり、雪渓があり、両線歩きがあり、色々盛りだくさんな楽しい山だった。


IMG_0363
こんな川を石の上を飛びながら何度も越える。
どの石を選ぶのか、軌道のイメージが数学の問題みたいで面白かった。
幸い、落ちなかったよ、私は





また、来年も登るのかな、北海道の山。

今度は羅臼岳に行きたいかも(笑)







 お茶会やります@沖縄市

7月11日(水)「地球に生きる」お茶会@沖縄市



 体験受付@東京都新宿区

7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 一歩一歩楽しく進んでいく

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 


↑このページのトップヘ