子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

2018年07月


最近、縄跳びを始めた。

なんとなく、やるとよさそうな気がしたから。



幼いころのわくわくの躍動感を思い出す感じがしたから。



いざ、始めてみて、

わくわくの躍動感を感じるのもいいし、

それだけじゃなしに、

これって意外に体力づくりにいいかもしんない、と思った。



思い立ったらすぐ、玄関の外で縄跳び。



ひゅんひゅんひゅん、とビニール製の縄が回る、懐かしい響き。



島ぞうり履いているからか、素足に縄が当たっていたい。



二重跳びを一生懸命練習していた頃を思い出す。

あの頃は体の扱いが下手で、周りよりうまくできないもどかしさで、胸が苦しかった。



なんでも人より優秀でありたい性質はあの頃からあまり変わってないなー。



よっしゃ、もちょっとうまくなって、二重跳びを跳び続けられたらカッコいい?



あの頃、満たせなかった想いを満たすのも、トラウマの癒しになるのよん。



思わず、トラウマの癒しにも効きそうな縄跳び(笑)



これやるといいかも、っていう思い付きを、

素直に実行するって大事かもね。



あなたの思い付きは何?

思い付いたら聞かせてね。




 
下書き 女の子_ペインティング




7月15日~28日は関東・オーストラリア出張予定。

7月の沖縄での対面セッション受付が7月29日~31日のみとなりますので、お早めにお申込ください。







 体験受付@東京都新宿区 
※以下の日程以外でも受付できる場合があるのでお問い合わせください。


初めて私のおうちサロンに来た方には、驚かれることが多い。



おうちサロンなんで、住居兼サロンなわけだけれども、

「ほんとに住んでるんですか?」

とよく聞かれる。



ものが少なくて、生活感を感じさせないらしい。



「前からこんなにキレイだったんですか?」ともよく聞かれる。

いやいや、一悟術ヒーリング受ける前は、全然こんなじゃなかったですよ、と答える。



モノは沢山あったし、それぞれのモノをどこにしまうかも曖昧だった。

押し入れ開けたら、モノが雪崩れてくるし、

どんどんモノが増えるので、モノをしまう棚なども増えていった。



片付いてない部屋と、片付けられない自分に、いつもフラストレーションを感じていた。



一悟術ヒーリングを受けると、私のように断捨離しだす人が多いんだな、

とヒーリングを提供し始めて気が付いた。



私の場合はヒーリングを受けて1~2年の間で急激にモノを減らしていった。

(断捨離のタイミングは人それぞれ。引っ越しされる方も多い。)



どうやら潜在意識にある滞り(トラウマ)をキレイにすると、

外側の物理的な世界も、キレイにしたくなるらしい。



なるほどね、

外側の物理的な世界だけキレイにしようとしても、

なかなか思うように進まなかったり、一時的にキレイにしてもすぐ戻ってしまうのは、

キレイにしようとする力より、トラウマの方が影響力があるからなんだ、

と、自分やクライアントさんを観察しながら実感を深めていった。



つまり、心の中がごちゃごちゃしていると、外側の世界もごちゃこちゃにしておきたくなる。

もちろん、無意識的に。



とここでふと、思ったこと。



トラウマを自分の力だけでキレイにするのは非常に難しいと頭では理解してきた。



でもそうだよね、

物理的な世界ですら、キレイに片付けるのが難しいんだから、

見えない心の世界をキレイに片付けるのは、それ以上に難しくて当たり前なんだね、

とストンと腑に落ちた。



それと、トラウマをキレイにするツールの中でも、

広範囲に深く、短期間で、そして何より、元に戻らないレベルにまでキレイにする一悟術ヒーリングは、

やっぱりすごいな、と思う。

だから、こんなに現実が変わるスピードが早いんだと思う。



一悟術ヒーリングと出会えて、そしてそれを提供できて、

何より、クライアントさんが受け取っている一悟術ヒーリングの効果を日々目の当たりにできて、

とても楽しい!


 

片付けは朝にすることが多い。

夜は、息子が出したおもちゃとか、机の上のコップやら、なんだかんだ散らかるので。



あちこちに散らばったモノたちを、それぞれの置き場所にしまっていくのは楽しい。

スッキリしていく空間を感じるのも楽しい。



生きること全てが楽しいってあり得るのかもしれない、

と感じる今日この頃。



そんな予感を、一緒に楽しまない?



一悟術ヒーリング、受けにおいで!




FullSizeRender

あ、でもね、拭き掃除とかは、実はまだ苦手・・・








7月15日~28日は関東・オーストラリア出張予定。

7月の沖縄での対面セッション受付が7月10日~14日、29日~31日のみとなりますので、お早めにお申込ください。







 体験受付@東京都新宿区 
※以下の日程以外でも受付できる場合があるのでお問合せください。


7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 一歩一歩楽しく進んでいく

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 







最近、瞑想が好き。




5月からコツコツ続けてきたストレッチのおかげで、瞑想時の姿勢がだいぶ安定してきた。 

姿勢が安定すると、途中から寝落ちすることがなくなった。

体と心って、やっぱり繋がってるのね。




やらなきゃ、っていうより、やりたい、って感じの方が大きくなってきたのも嬉しい。

今はまだうまく言葉にできないけど、瞑想は楽しい。




しかし、なんだなんだ、

瞑想が好き、瞑想は楽しい、

って書いちゃうことに、抵抗が出る。




「あんなに好きとか楽しいって言ってたのに、今は結局これじゃん。」

なんて言われている妄想が頭の中を駆け巡る。




そんな風に妄想の中で誰かに、バカにされていたり、がっかりされていたりする。




ああ、多分、あれだな、と思う。




小さいころ、自分の想いのままに、「これ好き!」「楽しい!」「やりたい!」とか表現していて、

その後で、やっぱり心の赴くままに、

途中で放り投げたり、

忘れたり、

見向きもしなくなったりして・・・




それで母親から、

「あんなにやりたいって言ってたのに・・・」

「あきっぽい」「きまぐれ」「三日坊主」

って呆れられたり、責められたり、上から目線でこられたりして、




(ああ、やりたい!好き!楽しい!って気持ちは

一時的なものだから、気まぐれなものだから、

それをすぐに表現したり、それにすぐに従ってはいけないんだ)




(そしてずっと続けていく責任や覚悟が持てない限り、

公表してはいけないんだ)



(思い付きでやってしまったら、

後から恥ずかしい想いをしたり、嫌な想いをしたり、人に迷惑をかける)





と思い込んでしまったんだな、と感じた。




うわー、私の「好き」とか「楽しい」って重ッ!




大抵の子どもは、興味の対象がコロコロ変わる。

あれやって、これやって、それやって、

色々試しながら、

自分の中の楽しさや豊かさの感度や密度を高めていく。




そういう子どもらしさを親から認められないと、

どんどん「好き」とか「楽しい」とか「やりたい」という気持ちを閉じてしまう。

そして、何が好きなのか、何が楽しいのか、やりたいのか、よくわからなくなってしまう。




あなたはどうですか?




私はね、

怖れずに、いや、怖れてもいいから、

怖れを受け入れながら感じながら、

「好き」「楽しい」「やりたい」を

これからはどんどん表現して行動していこうと思う。

(おおー、言いきっちゃうの怖いねー(笑))




きっとそうやって、癒されていくトラウマもあるから。







サンニン一緒3


一緒にトラウマを癒していこうよ!






7月15日~28日は関東・オーストラリア出張予定。

7月の沖縄での対面セッション受付が7月10日~14日、29日~31日のみとなりますので、お早めにお申込ください。






 体験受付@東京都新宿区 
※以下の日程以外でも受付できる場合があるのでお問合せください。


7月16日(月・祝) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区
7月20日(金) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@東京都新宿区


 体験受付@オーストラリア・ケアンズ

7月18日(水) 親子関係を癒す 八神詠子の一悟術ヒーリング体験受付@オーストラリア・ケアンズ


 トラウマを深く広範囲に短期間で、元に戻らないレベルまで癒したい方へ

一悟術ヒーリングとは

子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由
 



↑このページのトップヘ