子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

■ 12月大阪・東京出張予定

12月3日(日)&4日(月)セッション受付@大阪市

12月28日(木)&29日(金)セッション受付@新宿区

■ 一悟術ヒーリングセッション受付@沖縄市 
随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら

■ 12月16日(土)「子育てのイライラモヤモヤの構造を知ろう」講座@沖縄市

2017年09月


子どもが学校に行きたがらなくて困った、という話をここ最近、何回か聞きました。



小児科関係の医療従事者の友人曰く、夏休み明けで、運動会の練習(沖縄は今年は9月開催が多かった)も続き、医学的には何の問題がなくても、調子が変と感じて学校に行かない子どもたちも多いみたい、とのこと。



そう言えば、息子も運動会前に一日、お休みしました。

そんなに具合が悪そうな感じでもなかったので、以前の私なら学校に行かせる方向に誘導していたと思いますが、

最近は、学校に行く行かないは息子に任せてます。



7月の記事、「息子が休むこと」の中で書いたように、

息子が休むことに対して不安になるのは、

自分自身が休むことに不安があるから、と気づきました。

それからは、息子が学校を休むことで出てくる息子の将来に対するネガティブなイメージは、

あくまで自分が作り出したものと捉え、

ネガティブなイメージではなく、

目の前の息子にフォーカスするようにしました。



すると、息子は学校に行かなかったくらいで、ダメになるような子じゃないな、と実感するようになりました。



また、正直、学校を休んで家にいられても、仕事に支障がでたり、退屈する息子に付き合わなければならない感じがして、気が休まらない気がしたのも、休んでほしくない要因でした。



でも最近は、息子は私が仕事のときは別室で静かに漫画やDVDなどを観て過ごせるようになりました。



そして、退屈する息子に付き合わなければならない、というのは思い込みで、息子は息子、私は私でやりたいことをやればいい、と思えるようにもなりました。

そう思えるようになったら不思議なもので、お互い、一緒にいても変に干渉しあわず過ごすことができることも経験しました。



子どもに付き合わなければならない、子どもに自分時間を奪われる、

という思い込みが、むしろそういう状態を生み出していたのかもしれません。




なので、学校に行っても行かなくても、どっちでもいいけど、

どっちかというなら、行っておいた方がいいんじゃない? くらいの気楽さで、

息子と学校のことを捉えられるようになってきたのでした。

なので、「学校を休みたい」と言われても、感情が波立つことは格段に減ったので、楽ですねー。



今はそれなりに学校が楽しいみたいなので、休みたがることはあまりありませんが、

もし頻繁に休みたいと言うようになったとしたら、今の気楽さは揺らぐかもしれません。

でもそれはそれで、その時考えればいいし、

そこから、また新たな気づきや学びが発見できるのだと思います。






これなーんだ?


image


畑で採れたパッションフルーツの果肉を入れた炭酸水だよ




自分の気持ちに素直に、

やるときはやる、休むときは休む、

そのくらいの方が、これからますます変化が激しくなる社会を生きていくには

ちょうどいいのかもしれません。







子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由


一悟術ヒーリングとは


10月6日~9日 一悟術ヒーリング体験受付@東京新宿区







私が提供する、トラウマを解消するヒーリング、一悟術ヒーリングを

私自身が受け始めたのはちょうど9年前、

妊娠7か月のときでした。



その数年前くらいから、自分自身の生きづらさ、

自分で自覚する範囲では、

・体調不良(疲れやすさ、慢性的な胃の不調、虚弱さ)
・感情の不安定さ(落ち込み、イライラ、 心配性)


を何とかしようと、

色々なツール(食事療法、自然療法、心理学、占い、カウンセリング、ヒプノセラピーや他のヒーリングなど)を

次々と試してきていました。



確かに、少しずつ何かが良くなってきているような手ごたえは感じていましたが、

その変化は表面的で、自分の中の根本的は部分は滞っているような感覚がつきまとっていました。

(だからこそ、たくさんのツールを試し続けたのかもしれません。)



そんなとき、ネットで一悟術を知り、一悟術のホームページを読んで、

一悟術ヒーリングによってトラウマを解消することで根本的な部分が変化していくのかも・・・、

となんとなく感じていましたが、まだ受けるのは躊躇していました。



そんな中、妊娠し、出産が近づいてくると、

自分のトラウマは子どもに連鎖していくのではないか?

とリアルに実感し始めました。



そして、自分から子どもへのトラウマの連鎖を止めよう、

と思い切って一悟術ヒーリングを申し込んだのです。



お腹の中の子どもに後押ししてもらいましたが、

結局は自分自身が一番変わりたかったのだと思います。



受け始めて実感したのは、

自然に滞りが流れ悪循環から抜け出すことができ、

様々なことがよい方向に変わっていくこと。



それもそのはず、

トラウマはよい方向に向かうことの足を引っ張る働きをするものだから。



もちろん、受けてすべてがハッピーでパラダイスでジ・エンド、ってわけではありません。

自分で自分を扱っていくベースが整うのです。



ヒーリングを受ける前は、

色々な問題がごっちゃになって、

心に重くのしかかることが次から次へとつきまとっていて、

どれからどう手を付けていいのかわからない状態だったのが、



ヒーリングを受けてからは、

見通しがよくなり色々整理されてきて、

身軽になり、余裕が生まれ、

そんな中で自分の今取り扱うべき課題が明確になるような感じがしました。




子どもの成長とともに課題も移り変わります。



その課題を滞らせ膨らませモヤモヤさせることなく、

出てきた時期に適切に取り扱うことで、

人間的に一歩ずつ着実に成長していくことができる、

そんな好循環の中にいる実感があります。



子どもとの関係だけでなく、

夫婦関係、親子関係、

友だちやクライアントさんたちとの関係、

ヒーリングや畑の仕事、

健康やお金など、

色々なことが豊かになる方向に流れていっています。



9年前、一悟術ヒーリングを選択したことで、

私の人生の流れは大きく変化したなー、と思います。








IMG_1596








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由


一悟術ヒーリングとは

10月6日~9日 一悟術ヒーリング体験受付@東京新宿区











 image



昨日は息子の小学校の運動会でした。



夫は数日前からお弁当の献立を考え、

前日からお弁当の材料の買い出しに行き、夜に仕込みをし、

運動会当日は、朝五時過ぎに起きてお弁当を作っていました。



私が手伝ったのは、お弁当のフタを輪ゴムでしめることと、

お弁当を手提げ袋に入れること。



午前中は運動会の見学しながらも、夫のお弁当食べたいなーとずっとワクワクしてました。

はい、思った通り、美味しかったです。

しかも、冷え冷えのおしぼりまで用意されていました。



夫は北アルプスの山小屋で2年間厨房担当だったので、料理も片づけも手際がいいのです。



でも、以前の私は、

妻が家事をやるべき、

という観念にとらわれてました。



なので、夫が料理や片付けやってくれるときがあっても、どこか落ち着かず、

横から色々口を出したり文句を言ったり、

なんとなく罪悪感を感じてモヤモヤして、

それがのちにイライラに転じたりしてました。



だからなのか、あまり夫も積極的にはやりたがっていませんでした。



一悟術ヒーリングを受けてからは、

そういった観念を徐々に手放していき、

今は

息子のお弁当担当は夫、

週末の料理担当は夫、

平日で私がご飯作りたくないときの料理担当は夫

になりました。(え、ほとんど毎日?)



それでも夫が料理することにまだ一抹の罪悪感を感じていて、

運動会が終わって家に帰って一息ついて、ビールを飲んでる夫に聞いてみました。



私 「ねぇねぇ、私がお弁当作り手伝わなかったら、イライラする?」


夫 「いや、別に?

   むしろ、手伝ってもらうと、段取り狂ってやること増えそうだからいらないよ。」



私 「・・・」



そっか、

私がお弁当を作っていて横で夫がゴロゴロしていたら、イライラする

だから、この質問になったんだな。



自分の思っていることを夫も同じように思っている、それ自体も観念なんだな。



いやー、こんなによくできた人なのに、

以前の私は勝手に被害者になって、勝手にイライラして、勝手に八つ当たりしていたんだろうなー。



そう言えば、ヒーリングを受けたクライアントさんで、

・ 何もしなかった旦那さんが料理をし始めたとか、

・ 何も言わなくても普通に家事をやってくれるようになったとか、

・ 料理を作りたくなくても、作れないことに罪悪感を感じてイライラしながら無理やり作っていたけど、むしろ家族は外食を喜んでいることに気が付いたとか、

そんな報告を受けた人たちが一定数以上いるなー、と気づきました。



トラウマを解消して、観念をゆるめてパートナーや家族を見てみたら、

え?意外にこんな人だったんだ!、
なんてことが、

案外頻繁に起こるのかもしれませんね。



私ももっと、自分の曇りメガネを磨いて、夫の本質を見ていこうと思います。








子育て中の方に一悟術ヒーリングをおすすめしたい3つの理由

一悟術ヒーリングとは





↑このページのトップヘ