子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

トラウマを解消するヒーリング~一悟術ヒーリング~で、子育てのモヤモヤイライラの悪循環から抜け出しませんか。

一悟術ヒーリングセッション受付

10月6日~9日 一悟術体験ヒーリング受付@東京

10月24日 一悟術体験ヒーリング受付@鹿児島

沖縄市では随時受付中
【時間】

平日9時~17時半(遠隔の場合は23時受付まで可能) 
土曜9時~16時
夜間対面・日曜・祝日 応相談
【場所】
沖縄市のおうちサロン
【申込】
申込フォームはこちら


2017年07月


友だちと外で遊んでいた息子が、がっかりして帰ってきました。 


近所の友達の誕生会に呼ばれなかったとのこと。


毎年、彼の誕生会に参加していたのですが、今年は部活の同学年の友達だけを呼ぶことになったからだそうです。


見るからに意気消沈している息子。


いつもは落ち込んでもすぐ立ち直るのですが、
今回は様子が違っていました。


てっきり、呼ばれてるものだと思っていた私は、
誕生会へのお持たせに、シナモンパンを焼いていました。


誕生会にどうしても行きたかったのか、
誕生会をひらく友達がうちに遊びに来たときの忘れ物と一緒に、
シナモンパンを届けに行きたい、と息子。


「パンと忘れ物を届けるのはいいけど、誕生会には呼ばれてないんだから、家の中に入れないことは覚悟していってね。」

と夫と私は言いました。


「それでも行く。」と息子は出かけていきました。


すると、なんと、急遽、誕生会に混ぜてもらえたようです。


夜になって、すごく楽しそうな顔をして、帰ってきました。





私の感想は、

すげえな、息子



まず、誕生会に呼ばれない、という出来事が、私のトラウマを刺激します。

私もそういう経験がありました。

小さいころの私だったら、同じようなことが起きたとき、
私はどうせ重要でない人物なんだと、落ち込んで何もできなかったでしょう。

被害妄想と自己否定感にひたって、これ以上傷つくのがいやで、引きこもっていたでしょう。



そして今でも、そういう部分は残っているように思います。



まだまだ私も、小さいころの心の傷に、

支配されていることを感じます。




でも息子はあきらめませんでした。



誕生会でみんなと楽しい時を過ごす、という目的のために、

あきらめず行動し続けました。

そして、願いは叶いました。




息子から大事なことを身をもって教えてもらった気がします。



息子は私の人生の先生だな、と思います。





11
島唐辛子の親子








一悟術ヒーリングとは







「保育園行きたくない」
「学校行きたくない」
「習い事に行きたくない」



たまに息子が口にする(していた)言葉で、
それを聞く度に、私の心はざわざわしていました。



たんに怠けたいだけじゃないか。
行かなくていい、って言ったら、この先も味をしめて、行かなくなるんじゃないか。
ここで無理して行かせた方が、慣れて楽しくなるんじゃないか。



最近になって、
息子が休むことを受け入れられるかどうかって、
自分自身が必要なときにちゃんと休むことを受け入れられているかどうかと、
つながっているのかもしれない、
と気づきました。



休むこと=怠けること、など、
ネガティブなイメージになっていると、
休んだあとの未来に対し不安になります。



例えば、子どもについてだったら、
休み癖がついて、ずっと学校に行かなくなる
ずっと学校に行かなくなると、社会に適応できない人間になるかも
というような感じです。



そういうとき、
実は自分が休むことに対して不安があるのです。



例えば、今日はブログを書くことを休もうかな、というとき、
ブログを書かなかったら、クライアントが来なくなって、
とんでもないことになるかも
というネガティブイメージが浮かんで不安になる。



疲れたから、やることやらないで寝ようかな、というとき、
ここで怠けたら、めんどくさい気持ちが大きくなって、
これからやらなくなってしまうかも、と不安になる。



息子が休みたい、と言った時
息子の未来に対して不安になったら、
その未来は私の不安が作り上げたもの、
と捉えていきたいと思います。



そして、不安の感情を自分のものとして取り扱っていこうと思います。



自分が休むことに、不安や心配が浮かばなくなった時、
息子が休むことに、フラットでいられるのかもしれませんね。







モヤモヤイライラガミガミ





一悟術ヒーリングとは







夕食後、息子がホットケーキを作ることになりました。



私は疲れていたのもあって、

口は出さずに、見守ることを決めました。
 


まず、息子はボウルに小麦粉と砂糖を入れ、卵を入れてかき混ぜる。

指ですくって味見をしながら、小麦粉と砂糖を加えていく。

途中、ベーキングパウダーも入れる。

めっちゃかき混ぜる。

味見しながら、また小麦粉と砂糖。

粉っぽくなったのか、また、卵投入。

めっちゃかき混ぜる。



見守ることを決めたものの、

「あああ、もっと、水分入れなよ!」

「そんなに混ぜると、膨らまなくなるよ!」

「そんなに小麦粉入れないでよ!」

など、口を出したい気持ちでいっぱい。



でも、私もそんなに料理が上手なわけでなく、

特に、ホットケーキはなぜかうまく膨らまないことも多いのです。



ハチャメチャな料理法でも、

例え失敗したとしても、

そこから何か学んで今後に活かせるかもしれないし、

やっぱり本人に任せよう、と

黙認しました。



image



するとびっくりなことに、

厚みのある、フワッサクッとしたホットケーキが出来上がりました。

味もほのかに甘い感じでちょうどいい。

私が作ったのより、全然美味しい。



息子も大満足。



こんなこともあるのですねー。

私も学びになりました。



もうちょっと、息子に任せる、委ねるということを、

増やしていこうと思います。








一悟術ヒーリングとは







↑このページのトップヘ