子育てからつながる魂が喜ぶ生き方

子育てのグルグルする悩みから一歩踏み出し、人生をスッキリとクリアにしていきましょう。

一悟術ヒーリングセッション受付スケジュール

【大阪】8月6日(日)詳しくはこちら
【東京】8月7日(月)8日(火)13日(日)詳しくはこちら
【沖縄】上記日程(8月5日~13日)以外受付中 


息子がある習い事に行きたくないと言い始めました。



理由を聞いてみると、「怒られるのが嫌だから。」とのこと。



確かに、その習い事を見学していると、コーチ陣が子どもたちへ結構キツイ言葉かけをしているなぁ、と思うようなときもありました。



でもまぁ、きっとコーチたちもそうやって教えられてきたんだろうし、子どもたちを傷つけようとしてやってるわけでは決してないのでしょう。



むしろ、ものすごく熱心な方々だと感心するところもあります。



また、子どもたちに対し怒りの感情をのせたコミュニケーションをすることのメリットもあります。



それは子どもたちがコントロールしやすくなることです。



ふざけて騒いでる子どもたちに向かって、
「ふざけんじゃねえ!」と大声で怒りの感情をこめて怒鳴ったら、
たいてい子どもたちは一瞬で静かになるでしょう。



そして怒りの感情がのっていればのっているほど、効果的でしょう。



実は私も息子に対し、つい大声で怒ってしまうときがあります。


やっぱり、意識していないと、自分がされてきたことを反応的にやってしまうなぁ、と感じます。


でも、つい大声を出して、萎縮している息子を見ると、胸が痛みます。


自分がそうされて嫌だったことを思い出すからです。


息子が怒りに対して敏感なのは、私のせいもあるかもしれません。


でも、私が一悟術ヒーリングを受けていなかったら、もっと激しかったと思います。


ヒーリング受ける前の感情の状態から察すると、多分、毎日のようにイライラして怒っていたんじゃないかと予想します。



怒りで人をコントロールすることは、子どもでも大人でも、
当たり前によく見られるコミュニケーションだと思います。


でも、そういう感情でのコミュニケーションは、あまり生産的ではないようにも思います。


だって、怒るのも、怒られて萎縮するのも、疲れますものね。



また感情でのコミュニケーションに小さいころからさらされていると、

大人になっても小さいころと同じようなコミュニケーションが当たり前になっていきます。




そうなると、大人になって、

嫌なのに、なぜかいつも感情的に怒ってしまう

嫌なのに、なぜかいつもイライラして怒るような人が身近にいる、

というような現象を引き起こしたりします。



私にできることは、


・感情で反応することを少なくするために、日々自分の感情をクリアリングしていくこと。

・息子のトラウマをヒーリングで癒していくこと。

・感情のしくみを息子に伝えていくこと。




鏡のように自分を見せてくれる小さな相手がいるからこそ、

根本的に自分を変えていこうという、

エネルギーが湧いてくるのかもしれません。



いや、なんてカッチョいいこと言っていても、

息子を通して自分を見ることは、

結構、イタイですけどねー(笑)



今回は肉体的な疲れもあるようなので、

「行きたくない」という息子の気持ちを尊重し、

引き続き、様子を見ていこうと思います。





モヤモヤイライラガミガミ




一悟術ヒーリングとは






友だちと外で遊んでいた息子が、がっかりして帰ってきました。 


近所の友達の誕生会に呼ばれなかったとのこと。


毎年、彼の誕生会に参加していたのですが、今年は部活の同学年の友達だけを呼ぶことになったからだそうです。


見るからに意気消沈している息子。


いつもは落ち込んでもすぐ立ち直るのですが、
今回は様子が違っていました。


てっきり、呼ばれてるものだと思っていた私は、
誕生会へのお持たせに、シナモンパンを焼いていました。


誕生会にどうしても行きたかったのか、
誕生会をひらく友達がうちに遊びに来たときの忘れ物と一緒に、
シナモンパンを届けに行きたい、と息子。


「パンと忘れ物を届けるのはいいけど、誕生会には呼ばれてないんだから、家の中に入れないことは覚悟していってね。」

と夫と私は言いました。


「それでも行く。」と息子は出かけていきました。


すると、なんと、急遽、誕生会に混ぜてもらえたようです。


夜になって、すごく楽しそうな顔をして、帰ってきました。





私の感想は、

すげえな、息子



まず、誕生会に呼ばれない、という出来事が、私のトラウマを刺激します。

私もそういう経験がありました。

小さいころの私だったら、同じようなことが起きたとき、
私はどうせ重要でない人物なんだと、落ち込んで何もできなかったでしょう。

被害妄想と自己否定感にひたって、これ以上傷つくのがいやで、引きこもっていたでしょう。



そして今でも、そういう部分は残っているように思います。



まだまだ私も、小さいころの心の傷に、

支配されていることを感じます。




でも息子はあきらめませんでした。



誕生会でみんなと楽しい時を過ごす、という目的のために、

あきらめず行動し続けました。

そして、願いは叶いました。




息子から大事なことを身をもって教えてもらった気がします。



息子は私の人生の先生だな、と思います。





11
島唐辛子の親子








一悟術ヒーリングとは







「保育園行きたくない」
「学校行きたくない」
「習い事に行きたくない」



たまに息子が口にする(していた)言葉で、
それを聞く度に、私の心はざわざわしていました。



たんに怠けたいだけじゃないか。
行かなくていい、って言ったら、この先も味をしめて、行かなくなるんじゃないか。
ここで無理して行かせた方が、慣れて楽しくなるんじゃないか。



最近になって、
息子が休むことを受け入れられるかどうかって、
自分自身が必要なときにちゃんと休むことを受け入れられているかどうかと、
つながっているのかもしれない、
と気づきました。



休むこと=怠けること、など、
ネガティブなイメージになっていると、
休んだあとの未来に対し不安になります。



例えば、子どもについてだったら、
休み癖がついて、ずっと学校に行かなくなる
ずっと学校に行かなくなると、社会に適応できない人間になるかも
というような感じです。



そういうとき、
実は自分が休むことに対して不安があるのです。



例えば、今日はブログを書くことを休もうかな、というとき、
ブログを書かなかったら、クライアントが来なくなって、
とんでもないことになるかも
というネガティブイメージが浮かんで不安になる。



疲れたから、やることやらないで寝ようかな、というとき、
ここで怠けたら、めんどくさい気持ちが大きくなって、
これからやらなくなってしまうかも、と不安になる。



息子が休みたい、と言った時
息子の未来に対して不安になったら、
その未来は私の不安が作り上げたもの、
と捉えていきたいと思います。



そして、不安の感情を自分のものとして取り扱っていこうと思います。



自分が休むことに、不安や心配が浮かばなくなった時、
息子が休むことに、フラットでいられるのかもしれませんね。







モヤモヤイライラガミガミ





一悟術ヒーリングとは






↑このページのトップヘ